インドネシア オナンガンジャン 100g
5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4 5d73183c2a5b3c04563a8ca4

インドネシア オナンガンジャン 100g

¥882 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

ネコポス商品をご注文の際の注意事項 ・ お届けする商品はポストインになります。ご自宅のポスト=横33㎝縦23.5㎝厚み2㎝の箱が入るポストであること。(入らないと返送されてしまいます。) ・ 箱に入る400gまでご注文可能です。400g以上は宅配便になります。 *200gの商品と同封も可能です。その際は宅配便になります。 インドネシア オナンガンジャン ヒノキの清々しい香りと、マンゴーのような風味と舌ざわり。 特徴はハーブやスパイス、まるて森林の中にいるような香り、 ナッツの皮を燻したようなニュアンス。 スマトラ式のコーヒーには他ではない香味があります。 生産者:オナンガンジャンの農家 所在:北スマトラ州フンムバン・ハンスドゥタン県    オナンガンジャン 標高:1,400m    品種:オナンガンジャン    (オナンガンジャン地区で発見された    クラシック・スマトラの1つ)    クラシック・スマトラとは:     1876年スマトラにおいてもサビ病が発生し壊滅的被害     をもたらしたことや、その余波としてロブスタや     ハイブリッド品種への植替えが進んだことで、     当時スマトラで栽培されていたティピカ品種は     失われたと考えられていましたが、     後にスマトラ島の奥地であるトバ湖周辺に     当時栽培されていたティピカ系品種の生き残りが     再発見されました。現地では発見地によりバーゲンダル     、シディカラン、ガロンガンと呼ばれています。 収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫 乾燥:天日乾燥   精製:スマトラ式=収穫したチェリーの果肉を除去し、    表面のぬめりを取り半日乾燥したのち、脱穀し、    生豆の状態で天日乾燥   ロースト:フレンチロースト 粉はペーパーフィルター用の中挽きです